お勧めレンタルサーバー RS78

信頼性の高いお勧めミドルクラス共有レンタルサーバーを掲載しています。

サーバーの
選び方

PHP

situation

感じの良いホームページだしコンテンツも良いが、
表示速度がモッサリとしているとストレスが溜まる。

Word Pressや各種CMSの記述言語で採用されている PHPのパフォーマンスはレンタルサーバーを選ぶときの重要な要素です。

特にECサイトやSNSの表示が重かったらどうでしょうか?
どんなに良いコンテンツがあっても 『ちょっと見てみたい』 なんて時には利用しなくなります。

factor

PHPスクリプトの実行速度はサーバーPCの性能に依存しますが、 それ以外に PHPアクセラレータを導入しているかどうかも大きな影響があります。

PHPアクセラレータ

代表的な PHPアクセラレータ には下のようなものがあります。

アクセラレータ備考
Zend OptimizerPHP事前コンパイル,最適化
暗号化、デコード機能も有する
その他のアクセラレータと共存可能
PHPA
(ionCube PHP Accelerator)
PHP事前コンパイル、
暗号化、デコード機能も有する
eAcceleratorPHP中間コードのキャッシュ
最適化、圧縮キャッシュ機能も有する。
XCachePHP中間コードのキャッシュ
APC
(Alternative PHP Cache)
PHP中間コードのキャッシュ
(PECL :: Package :: APC)

最適化と中間コードをキャッシュすることでPHPの起動、実行速度に大きく貢献します。

サーバー環境やプログラムにもよりますが、アクセラレータの導入によって 2倍~10倍程度の速度アップが期待できます。

共有レンタルサーバーにおいては eAccelerator と Zend Optimizer の導入事例が多いようです。

選び方

こちら→PHPアクセラレータ に eAccelerator が導入されている 共有レンタルサーバーのリストを掲載してあります。

サーバーPCの性能もチェック

PHPアクセラレータはPHPスクリプトの実行速度を劇的に速くしますが、
本来のサーバーPCの性能もチェックしてください。

非力なマシンだったり、収容人数が多すぎれば、
いかにPHPアクセラレータを導入しようとも負荷に耐えられません。